正規輸入象牙販売店


当店は野生動物の種の保存に関する法律に基づく特定国際種事業届出事業所です。

Topics

古くからの伝統的な印章(印鑑)、当店の方針、古い印章資料(主に印影)や商品等を中心にご案内致します

店主のブログ

印章の知識

開運印鑑の基礎知識
手彫り印鑑
印相体(吉相体)について

 

携帯ページ

HOME»  手彫り印鑑

手彫り印鑑の彫刻工程写真です。


小判型 太枠+細篆書体
 

手彫り印鑑の彫刻工程写真です。
まずは掲載の許可をいただいたお客様へ御礼申し上げます。

手彫り印鑑の字入れ
まずは印面に逆さ文字を手書きする工程からです。 (印面を滑らかにする印面調整の後です)
尚、正式な「手彫り」の定義では、紙に正字(逆さ文字ではない通常の文字)を書き、
印面に転写する場合も可とされています。 (
彫刻作業工程の定義

手彫り印鑑の字入れ

左右対称の文字は、左右の違いが顕著にわかるので、意外と難易度が高いです。

手彫り印鑑の字入れ

副題で「太枠」と書きましたが、印章用語では中輪(ちゅうわ)と言います。 

手彫り印鑑の荒彫り
毎回同じ説明になりますが、荒彫りの始まりは枠どりからとなります。
手彫り印鑑は全ての工程が重要ですが、消費者様側の目線で考えますと、荒彫りの前半が見どころ
なのではないでしょうか。

手彫り印鑑の荒彫り
小さな印章ですが、細かい部分まで丁寧に彫る事が重要です。
手彫り印鑑の荒彫り
文字の端部まで字入れした通りに丁寧に荒彫りを進めていきます。
手彫り印鑑の荒彫り
手彫りと、それ以外の彫刻方法とで一番異なる点は、この荒彫りと言えます。
手彫り印鑑の荒彫り
平面な印面に文字を書いただけのもの(印材)が、印章に変わりゆく過程です。
よく私は同業者さんから「印鑑は文字が重要だから、彫刻の工程はあまり関係無い」と言われますが
字入れ、荒彫り、仕上げ、この全ての工程があってこそ手彫り印鑑と言えますので、工程はあまり関係
無いという事は間違っている事を、この写真が証明しています。


手彫り印鑑の荒彫り

このまま押してもいい位丁寧に彫るのが、いい手彫り印鑑の条件です。
手彫り印鑑の荒彫り
ほぼ荒彫りが終わったところです。
手彫り印鑑の仕上げ

 

【手彫り写真の免責について】 
当店では手彫り印鑑をご注文いただきました全てのお客様へ、彫刻途中の写真を差し上げております。
ホームページ上で紹介している写真は、特に写りが良いものを選び、お客様のご承諾をいただいた上で
掲載しているものです。
素人撮影ですので、写り具合の悪い場合やデータの損失、またはうっかり撮り忘れも有り得ます。
(写真を差し上げるサービスを行ってから撮り忘れは一度もありません)
これらの理由により写真を差し上げられない場合でも、間違い無く手彫りを行っております。
その為、写りの悪い場合や、写真そのものが差し上げられない場合でも、返金等は出来ません事を
ご理解下さいませ。
(写真の写りの悪さ、及び差し上げられない場合差し上げられない事は免責とさせていただいております)   

写真を差し上げられない場合を免責とすると、「免責を理由にホントは手彫りしていないのではないか?」
と思われてしまうかも知れません。
それは、ホームページの内容をお読みいただき、お客様にご判断いただくしかありません。
疑問やご不明な点がありましたら、お問い合わせいただけますでしょうか。
尚、大変恐縮ですが、免責をご承知いただけない場合、手彫りをお承りできません事をご理解
下さいませ。
尚、当店の彫刻方法は「
手彫り」と「手仕上げ」でお承りさせていただいており、写真サービスは
手彫り印鑑のみとなります。

はんこの印善




0.1%の手彫り印鑑

手彫り印鑑の定義