正規輸入象牙販売店


当店は野生動物の種の保存に関する法律に基づく特定国際種事業届出事業所です。

Topics

古くからの伝統的な印章(印鑑)、当店の方針、古い印章資料(主に印影)や商品等を中心にご案内致します

店主のブログ

印章の知識

開運印鑑の基礎知識
手彫り印鑑
印相体(吉相体)について

 

携帯ページ

HOME»  手彫り印鑑の彫刻工程写真 (黒水牛 篆書体)

手彫り印鑑の彫刻工程写真です。

印材 黒水牛

書体 篆書体

 


手彫り印鑑の彫刻工程写真です。

まずは掲載の許可をいただいたお客様へ御礼申し上げます。


手彫り印鑑 字入れ

文字スペースの目安となる字割り線を引き、逆さ文字を書いていきます。

(手書き文字を転写する方法も手彫り印鑑の定義として認められており、当店でも手書きする場合があります)



手彫り印鑑 字入れ

朱墨で一部修正

手彫り印鑑 字入れ

その後墨で改めてはっきり書きます。

字入れを雑にしていいハンコは出来ませんので、丁寧に行います


手彫り印鑑 荒彫り(篆書体)


字入れが終了しましたら、凹凸を付ける荒彫りです。

印章彫刻に用いる彫刻刀は「印刀」(いんとう)と言いますが、研ぐのは職人自身です。


はんこの修行は彫る事はもちろんですが、印刀を研ぐ事や文字を書くのが基本となります。


手彫り印鑑 荒彫り(篆書体)

荒彫りの途中をご覧いただくと、手彫り印鑑の醍醐味がおわかりいただけるかと思います。

手彫り印鑑 荒彫り(篆書体)

はんこを挟んでいるものは篆刻台(てんこくだい)です。

二つ上の写真と向きが違うのは、あえて角度を変えて撮影しているのではなく、彫りやすいよう

状況に合わせ篆刻台の向きを変えて彫っている為です。


手彫り印鑑 荒彫り(篆書体)

荒彫りも終盤です。

凹凸が付いてハンコらしくなってきましたね。


手彫り印鑑 仕上げ(篆書体)

荒彫りが終了したら印刀を変えて「仕上げ」です。

印面を見やすくする為、印面に一旦朱墨を塗り文字の縁を整えて出来上がりです。

 

【重要なお知らせです】
手彫り印鑑の注文をご検討のお客様へ
当店では手彫り印鑑をご注文いただきました全てのお客様へ、彫刻途中の写真を差し上げております。
ホームページ上で紹介している写真は、写りが良いものを選び、お客様のご承諾をいただき
掲載しているものです。
写真は素人撮影ですので、写り具合の悪い場合やデータの損失、またはうっかり撮り忘れも有り得ます。(写真を差し上げるサービスを行ってから撮り忘れは一度もありません)
これらの理由により写真を差し上げられない場合でも、間違い無く手彫りを行っております。
その為、写りの悪い場合や、写真そのものが差し上げられない場合でも、返金等は出来ません事を
ご理解下さいませ。
(写真の写りの悪さ、及び差し上げられない場合差し上げられない事は免責とさせていただいております) 尚、当店の彫刻方法は「手彫り」と「手仕上げ」の彫刻方法でお承りさせていただいておりますが
写真サービスは手彫り印鑑のみとなります。



手彫り印鑑の定義


手彫り印鑑 はんこの印善