正規輸入象牙販売店


当店は野生動物の種の保存に関する法律に基づく特定国際種事業届出事業所です。

Topics

古くからの伝統的な印章(印鑑)、当店の方針、古い印章資料(主に印影)や商品等を中心にご案内致します

店主のブログ

手彫り印鑑 はんこの印善




住所:東京都墨田区本所2-15-2
家庭の事情により現在店舗営業は平日朝9時頃~9時50分頃までとなっております。

ご来店いただける場合は、事前にご連絡いただければお時間を打ち合わせの上、土曜日に対応させていただきます。
電話03-3623-3655
日中は03-3831-2771(支店)
までお願い致します。
ご不便をお掛けして申し訳ございません。

印章の知識

開運印鑑の基礎知識
手彫り印鑑
印相体(吉相体)について

 

携帯ページ

HOME»  手彫り印鑑の資料2»  回転ゴム印

回転ゴム印

今回は手彫り印鑑ではありませんが、大正時代の印章カタログより抜粋

回転ゴム印です。

年号に「大正」と書いてありますので大正時代だとわかりますが、大正時代にしか有り得ない表記があります。

回転ゴム印

「大正時代にしか有り得ない表記」などと大げさに書いてしまいましたが、見やすくする為、同じものを横に撮影した画像が下です。

回転ゴム印

年号の欄をよく見てみて下さい。

大正「貳拾」「参拾」とあるのがおわかりでしょうか。

ご存知の通り、大正時代は15年で終わりになります。

大正時代が30年代まで続いていたら歴史はどう変わっていたのか・・・

この回転ゴム印を販売していた頃は大正時代がまさか15年という(明治に比べ)短いとは想像していなかった事でしょう。

歴史に「もし・・・だったら」というのは愚問ですが、大正参拾(年)という表記を見るとつい考えてしまいます。


前へ   次へ