印相体 開運印鑑

正規輸入象牙販売店


当店は野生動物の種の保存に関する法律に基づく特定国際種事業届出事業所です。

Topics

古くからの伝統的な印章(印鑑)、当店の方針、古い印章資料(主に印影)や商品等を中心にご案内致します

店主のブログ

手彫り印鑑 はんこの印善




住所:東京都墨田区本所2-15-2
家庭の事情により現在店舗営業は平日朝9時頃~9時50分頃までとなっております。

ご来店いただける場合は、事前にご連絡いただければお時間を打ち合わせの上、土曜日に対応させていただきます。
電話03-3623-3655
日中は03-3831-2771(支店)
までお願い致します。
ご不便をお掛けして申し訳ございません。

印章の知識

開運印鑑の基礎知識
手彫り印鑑
印相体(吉相体)について

 

携帯ページ

HOME»  珍しいはんこ»  手彫り印鑑■ 黒水牛ダルマ印 【実印向け】15ミリ

手彫り印鑑■ 黒水牛ダルマ印 【実印向け】15ミリ

正真正銘の手彫り印鑑です。 (同じ印鑑で手仕上げ彫刻はこちらです)


ハンコ屋さんの看板とかでこの様な形の印鑑を見た事はないでしょうか。
会社の代表者印によく使われる天丸と似ていますが、微妙に違います。
今では骨董品屋さんぐらいでしか見る事は出来ないと思います。


昔ながらの珍しい印鑑です(印章)
鞘(サヤ)の黒水牛印鑑に朱肉のケースが付いた非常に珍しい昔ながらの印鑑です。
最高級黒水牛印材(小山良製)を使った昔ながらの珍しいハンコです

印章本体の丈(長さ)は約45ミリです。

今一般的な印章は約60ミリですので、短い印章となります事をご了承下さいませ。

(昔の印章の多くは丈が45ミリ又は36ミリで、60ミリというのは少数でした)


昔ながらの珍しい印章です

昔ながらの珍しい黒水牛の印章です
↑左が鞘(サヤ=ふた) 右が肉池(朱肉入れ)です ご選択で「金龍朱肉:永吉済」をお入れ致します
内部を見ますと一見「傷」の様に見えるのは角の芯です。最高級品の証拠です。
(一本一本異なりますので、必ず傷のように見えている訳ではありません)


黒水牛(最高級:小山良製)で作られた昔ながらの珍しいはんこです


また、納期のご案内を必ずご確認下さいますようお願い致します。

  • 手彫り印鑑■ 黒水牛ダルマ印 【実印向け】15ミリ

  • 販売価格

    58,000円(税込)

  • 書体選択→

  • 入れる朱肉ご選択→

  • 彫刻名(姓とお名前の間はスペースを入れて下さい)

  • ふりがなをご記入願います

  • 購入数

カートに入れる(大)


  • 【書体について】
    実印は普通、姓名ともに彫刻をします
    ただし、未婚の女性は名のみを彫刻するのが一般的です。

    実印の書体
    彫刻する書体をお選び頂き「価格」下の選択肢にて確定して下さい。
    (篆書体 太枠・細字は文字を枠に付けない場合もあります)


    上の印影は一例です。 彫刻文字の個性により作風が変わります事をご理解下さいませ。

    こちらは手彫り(完全手彫り)です。
     

  • --------------------------------------------------------------------------
    当店の手彫り印鑑の実際の作成風景です。

    (写真は柘丸型フルネームの手彫り印鑑です)


    完全手彫り印鑑 印章 手彫りハンコはんこ  完全手彫り印鑑 印章 手彫りハンコはんこ  完全手彫り印鑑 印章 手彫りハンコはんこ
    実際にお客様の印鑑を彫刻する道具です。 印面をトクサで整え、朱を塗り字割りをし、そして筆で逆さ文字を書きます。
    完全手彫り印鑑 印章 手彫りハンコはんこ  完全手彫り印鑑 印章 手彫りハンコはんこ  完全手彫り印鑑 印章 手彫りハンコはんこ
    下書きはせず字入れをします。   最後は朱を使って若干の修正をします。   字入れ作業完了です
    完全手彫り印鑑 印章 手彫りハンコはんこ  完全手彫りの印鑑、実印、銀行印  完全手彫りの印鑑、実印、銀行印
    朱色の部分を「印刀」で荒彫りします(柘で出来た当て木を使いテコの原理で字以外の部分を削ります)      
    完全手彫りの印鑑、実印、銀行印  完全手彫りの印鑑、実印、銀行印  手彫り印鑑、実印、銀行印、象牙
    荒彫りが終わった段で印面に再度墨を打ちます  仕上げは字の輪郭を鋭利な「仕上げ刀」で削り字を完成させます  
    手彫り印鑑、実印、銀行印、象牙  手彫り印鑑、実印、銀行印、象牙  手彫り印鑑、実印、銀行印、象牙
    ある程度仕上げた段階で朱肉を付け実際に捺印して字を確認します   仕上げの技術が印鑑の価値を大きく左右します
    ので何度も印影を確認して丁寧に完成させます



    手彫り印鑑の彫刻工程写真の一例です
    (他の印材、他のサイズを含む当店の手彫り印鑑の写真です)
    今まで一度もありませんが、データのトラブルにより写真を差し上げられない場合もあります事をご了承下さい。
    写真の下(ページ後方)にある「
    免責についての説明」
    必ずお読み下さいます様お願い致します。

     
    手彫り印鑑の荒彫り (中輪細篆書体の印篆 太枠細字)   手彫り印鑑の仕上げ   細輪二重枠楷書体の小判型手彫り印鑑 印相体変換開運吉相印は全てデタラメです  


    手彫り印鑑 黒水牛小判型・草書体   手彫り印鑑の彫刻工程写真   手彫り印鑑


    手彫り印鑑の写真 象牙   手彫り印鑑の字入れ   手彫り印鑑の彫刻工程写真 荒彫り


    手彫り印鑑 荒彫り(篆書体)   手彫り印鑑の写真   手彫り印鑑の彫刻工程写真 荒彫り


    手彫り印鑑の荒彫り   手彫り印鑑 黒水牛隷書体   手彫り印鑑の字入れ 


    手彫り印鑑   手彫り印鑑の彫刻工程写真。 開運印鑑は印相体(別名吉相体)で彫られたデタラメ印鑑です。   手彫り印鑑 黒水牛隷書体

     

    【手彫り写真の免責について】 
    当店では手彫り印鑑をご注文いただきました全てのお客様へ、彫刻途中の写真を差し上げております。
    ホームページ上で紹介している写真は、特に写りが良いものを選び、お客様のご承諾をいただいた上で
    掲載しているものです。
    素人撮影ですので、写り具合の悪い場合やデータの損失、またはうっかり撮り忘れも有り得ます。
    (写真を差し上げるサービスを行ってから撮り忘れは一度もありません)
    これらの理由により写真を差し上げられない場合でも、間違い無く手彫りを行っております。
    その為、写りの悪い場合や、写真そのものが差し上げられない場合でも、返金等は出来ません事を
    ご理解下さいませ。
    (写真の写りの悪さ、及び差し上げられない場合差し上げられない事は免責とさせていただいております)   

    写真を差し上げられない場合を免責とすると、「免責を理由にホントは手彫りしていないのではないか?」
    と思われてしまうかも知れません。
    それは、ホームページの内容をお読みいただき、お客様にご判断いただくしかありません。
    疑問やご不明な点がありましたら、お問い合わせいただけますでしょうか。
    尚、大変恐縮ですが、免責をご承知いただけない場合、手彫りをお承りできません事をご理解
    下さいませ。
    尚、当店の彫刻方法は「
    手彫り」と「手仕上げ」でお承りさせていただいており、写真サービスは
    手彫り印鑑のみとなります。

    はんこの印善