正規輸入象牙販売店


当店は野生動物の種の保存に関する法律に基づく特定国際種事業届出事業所です。

Topics

古くからの伝統的な印章(印鑑)、当店の方針、古い印章資料(主に印影)や商品等を中心にご案内致します

店主のブログ

手彫り印鑑 はんこの印善




住所:東京都墨田区本所2-15-2
家庭の事情により現在店舗営業は平日朝9時頃~9時50分頃までとなっております。

ご来店いただける場合は、事前にご連絡いただければお時間を打ち合わせの上、土曜日に対応させていただきます。
電話03-3623-3655
日中は03-3831-2771(支店)
までお願い致します。
ご不便をお掛けして申し訳ございません。

印章の知識

開運印鑑の基礎知識
手彫り印鑑
印相体(吉相体)について

 

携帯ページ

HOME»  手彫り印鑑Topics»  手彫り印鑑Topics»  戦前の印譜より

戦前の印譜より

戦前の印譜より

戦前の印譜からの紹介です。
手彫り印鑑 印相体
上から紹介させていただきます。
手彫り印鑑 印相体
親子二重枠に古印体で彫られた堂々たる御朱印ですね。
印章に用いられる
基本6書体  のうち、古印体を除く5書体は中国で生まれた書体ですが、唯一古印体
は日本で生まれた書体です。
文字(漢字)そのものはもちろん中国で作られたものですが、大宝律令で印章制度が定められてから
日本でも印章が作られるようになり、土中に埋もれていた印や、鋳型に十分に銅が行き渡らない不十分な作風を
江戸時代に「風情」ととらえ、大和古印体という書体として発展させたものです。
一見丸ゴシック体の様ではありますが、交差するところには墨溜まりを、筆勢を出すところには切れを入れるのが特徴です。
(マール社 古印体字典 井上淡斎様著 を参考にさせていただきました)

手彫り印鑑 印相体
堂々たる大きさの印です。
手彫り印鑑 印相体
次にこちらは隷書体です。
印文(印鑑の文字)も時代を感じさせますね。
読みやすい書体ですので、新しい書体と思われるかも知れませんが、篆書体の次に古い書体です。


印相体 手彫り印鑑
こちらも堂々たる大きな印鑑です。
印相体 手彫り印鑑
こちらは篆書体ですが、二文字+一文字になっているのはおわかりでしょうか。
左右の文字数(行の文字数)が異なる場合、違和感が生じる事が一番の問題ですが、基本的に篆書体(印篆)
はバランスを調整できる書体で彫るのが一番です。
それでも大きな印で二文字+一文字では違和感が生じてしまう事が多いのですが、この印は違和感を生じさせない
素晴らしいものです。
上の中央が上に向かって伸びているので、印相体?と思われるかも知れませんが、一文字ずつ見ていただければ
印相体ではない事はおわかりいただけるかと思います。

2018-07-22 11:05:06

手彫り印鑑Topics