正規輸入象牙販売店


当店は野生動物の種の保存に関する法律に基づく特定国際種事業届出事業所です。

Topics

古くからの伝統的な印章(印鑑)、当店の方針、古い印章資料(主に印影)や商品等を中心にご案内致します

店主のブログ

手彫り印鑑 はんこの印善




住所:東京都墨田区本所2-15-2
家庭の事情により現在店舗営業は平日朝9時頃~9時50分頃までとなっております。

ご来店いただける場合は、事前にご連絡いただければお時間を打ち合わせの上、土曜日に対応させていただきます。
電話03-3623-3655
日中は03-3831-2771(支店)
までお願い致します。
ご不便をお掛けして申し訳ございません。

印章の知識

開運印鑑の基礎知識
手彫り印鑑
印相体(吉相体)について

 

携帯ページ

HOME»  手彫り印鑑Topics

手彫り印鑑Topics

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

干支ゴム印プレゼント

毎年恒例となった干支ゴム印プレゼントです。

東京印章協同組合オリジナル干支ゴム印をプレゼントさせていただきます。

今年は先着30名様までとなります。

プレゼント企画初年度こそ「数量無制限」とした為に爆発的なご応募をいただきましたが、ここ1~2年は

「ハラハラ」という事はなく、無事プレゼント企画を遂行させていただいております。

干支ゴム印 印相体 吉相体

ご希望の方は、メールにて

●ご氏名
●ご住所(郵便番号と都道府県も忘れずに)

をご記入の上、メールの件名には必ず「干支ゴム印プレゼント」(の件、応募、・・・について)などお書き下さい。

ご住所、ご氏名の情報は参考にさせていただく事と、発送に必要なまででそれ以外には用いません。

恐縮ですが、次の点をご容赦お願いします。


・メールいただきましたら平日3日以内に必ず返信しますので、返信メールが届かない場合は、
 メールが届いていないとお考え下さい。

・プレゼントゴム印は選べません。
(★写真と異なる場合があります。 ゴム印ではなく手彫りの石材になる場合もあります)

・印章業界関係者様の応募はご遠慮下さい。

・発送は普通郵便を予定しております。

・無償プレゼントですので、クレームは無しでお願いします。

日頃懇意にしていただいているお客様でも、プレゼント企画で当店から返信するメールは

定型文となります事をご理解、ご容赦お願いします。

では、ご応募をお待ちしております。
 

2018-11-20 18:48:26

折りたたむ

小判型の大型印鑑

明治時代の印譜です。

印相体 吉相体 風水 開運

今回は個人用ではなく、法人用の小判型印鑑を紹介させていただきます。

印相体 吉相体 風水 開運


一目瞭然で認印とわかる印鑑ですが、実印や銀行印と明確に区別できるものですので、場合によっては

この様な印文の印鑑も必要ですね。


印相体 吉相体 風水 開運


大型の小判型印鑑です。

2文字(右列)と3文字(左列)も印篆(篆書体の一種類)でしたら問題なく収まります。

これが仮に楷書体でしたら、違和感が大きくなりいい印鑑ではなくなります。

印篆は文字通り、印鑑の為に進化した素晴らしい書体です。



 

2018-11-11 23:34:54

折りたたむ

密刻

当店が所有する明治時代の印譜です。
これは大変貴重な印章資料が含まれている印譜です。

印相体 手彫り印鑑印譜 明治時代
今回は左ページの左上の印影を紹介させていただきますが、ここからでは何かよくわからない小さな印影ですね。
しかし、小さいからといって大した事は無いなんて事はありません。

印相体 手彫り印鑑印譜 明治時代

菊の紋章に龍紋、青海波に星の様なものもあり、さながら宝尽くしの様な贅沢な文様です。
本来、印影は原寸で見るのが一番ですが、今回は例外的に拡大したものをご覧いただきたいのですが、
その前にこのサイズを見て下さい。
定規が少しズレてしまったので1センチに見えるかも知れませんが、これは直径9ミリです。
巷で売られている規制の印章、俗に言う「三文判」は通常約10ミリです。
たかが1ミリと思われるかも知れませんが、このサイズで1ミリの違いは結構大きな差になります。

印相体 手彫り印鑑印譜 明治時代
「細かければいい」というものではありませんが、いかに素晴らしい密刻か、下をご覧下さい。
9ミリという小さなサイズを感じさせない素晴らしい手彫り印鑑です。


印相体 手彫り印鑑印譜 明治時代

もちろん、文様の密刻ばかりでなく、彫られている文字も素晴らしいです。
 

2018-09-20 23:37:38

折りたたむ

蔵書印まつり(2018) チケットプレゼント

毎年恒例の「蔵書印まつり」が今年も東京印章協同組合で開催されます。

石の印材(篆刻)に手彫りが出来る体験です。

体験には入場チケットが必要ですので、ご希望の方にはプレゼントさせていただきます。

開催日は2018年10月27日(土曜)、28日(日曜)の二日間です。

チケットご希望の方は

①ご住所 (郵便番号もお願いします)

②ご氏名 

③枚数   (4枚までとさせていただきます)

④ご年齢 (参考にさせていただくまでです)


をメール等でお知らせ下さいませ。

本日の時点で枚数には余裕がありますが、チケットが無くなり次第終了とさせていただきます。

受付開始時刻は午前9時30分、体験開始は午前10時を予定しております。

お一人様の体験時間は約35分(チケットには40分とありますが、入れ替え時間を含めてです)

印材は石ですので、一般的な実印や銀行印に用いられる素材とは異なりますが、ハンコを手彫りする

体験はなかなか機会がないですので、興味のある方は是非ご参加下さいませ。

★受付から体験まで時間が掛かる事が多いので、その点はご容赦お願い致します。

(お知らせいただきました個人情報は、発送及び当店の参考以外に利用致しません)

★当日は予定者数(200人)に達した時点で受付終了となります。

受付終了後はチケットをご持参の方でも体験出来ません事をご理解お願い致します。


蔵書印まつり 印相体



 

2018-09-12 18:04:04

折りたたむ

KFワニ革ケース

KFワニ革ケースの作成に日数が掛かる場合がある理由について。
当店で取り扱う印鑑ケースは、ケース制作所へ委託し作成してもらっています。
KFケースは高級印鑑ケースのブランドとして業界内では有名ですが、作成は
小さな町工場で行っております。
ケースに用いる革は実際に革の卸先に出向き、職人の目利きで選ぶのですが、
大規模な工場ではない為に、一度に大量の仕入れは行いません。
また、専門の仕入れ担当者が居る様な工場でもありませんので、仕入れのタイミングも
その時の状況により変わる場合があります。
その為、ご注文いただきました時の革の在庫状況により、1ヵ月位掛かる場合が
あります事をご容赦、ご理解をお願い申し上げます。

KFワニ革印鑑ケース

天然皮革につき個体差があり、写真とはイメージが異なる場合があります事をご了承お願い致します。
尚、KFケースではいわゆる背ワニ革は現在は使用しておりません。
また、イブシフクリンも同様の理由で時間が掛かる場合があります。
★ワニ革、イブシフクリン共に、常に時間が掛かる訳ではなく、部材、革の
在庫状況によりまれに時間が掛かる場合があるという事です。
通常は納期のご案内ページの通りです。


 

2018-08-29 23:37:48

折りたたむ

太枠・細篆書体

明治時代の手彫り印鑑印譜を続けます。
明治時代の印譜(太枠・細篆書体)
今回は左ページの左側、下から二番目を紹介させていただきます。
太枠・細篆書体(二重枠)
太枠に細篆書体ですが、よく見ると親子二重枠になっていますね。
印影の素晴らしさは言葉での説明は不要なぐらいです。
「これぞ印鑑」という感じの古き良き時代の素晴らしい手彫り印鑑です。


 

2018-08-23 23:26:24

折りたたむ

筆意

当店で資料として使用している明治時代の一般庶民の手彫り印鑑 印譜です。

明治時代の手彫り印鑑印譜 印相体
今回は左ページの大きな印影を紹介させていただきます。
明治時代の手彫り印鑑印譜 印相体
宿屋さんの印鑑でしょうか。
サイズは計測しておりませんが、かなり大型の印鑑です。(昔の法人印は大型のものが多かったです)
草書体の印文(彫刻文字)もいいですが、今回注目していただきたいのは、枠の作風です。
筆調でさくらの花びらでしょうか(詳細は不明ですが)

明治時代の手彫り印鑑印譜の筆意 印相体
草書体は筆の勢いを現すものですが、今回は枠も筆の調子を表現しております。
明治時代の手彫り印鑑印譜の筆意 印相体
小さな印鑑ではなかなか出来ない優れた彫刻です。(大きい印鑑ならではです)
お馴染みの言葉になりましたが、素晴らしい作風ですね。

2018-08-19 10:48:21

折りたたむ

印章技術競技会の受賞作品

約85年前の印章技術競技会の受賞作品です。
印章技術競技会の受賞作品
これは分野で言いますと篆刻ですが、巷の印章店の技術者が彫ったものです。
満白印 印章技術競技会の受賞作品
文字が印面いっぱいに広がる様に文字を太目にして空間を埋める「満白文」です。
印面いっぱいに広げると言いましても印相体のそれとは異なる、伝統ある作風です。
遠目で見ますと太枠細字篆書体に見えるかも知れませんが、列記とした満白文という
素晴らしい作風ですね。

2018-08-12 23:48:18

折りたたむ

御朱印

戦前の御朱印 印譜からの紹介です。
手彫り印鑑 印相体
上の一枚だけで説明は不要かも知れませんが、本能寺の(戦前の)御朱印です。
本能寺といえば、織田信長が明智光秀に追われ自害した場所として歴史の授業では必ず出てくるお寺ですね。

本能寺御朱印 印相体
書体は古印体で、文字と枠との間に十分な空間をとった素晴らしい字配りです。
普段、印面いっぱいに広がる作風を多く見ている方には、新鮮な作風ではないでしょうか。
よく、「ハンコは文字を一杯に広げなくちゃいけないんでしょ?」と誤解されている方が居らっしゃいますが
印章の慣習を守れば、印面いっぱいに広げても、この様に十分な空間をとっても問題ありません。
「印面一杯に広がらなくてはいけない」という誤解が生じたのは、何といっても印相体が創り出されてからです。

2018-08-02 23:27:12

折りたたむ

戦前の印譜より

戦前の印譜からの紹介です。
手彫り印鑑 印相体
上から紹介させていただきます。
手彫り印鑑 印相体
親子二重枠に古印体で彫られた堂々たる御朱印ですね。
印章に用いられる
基本6書体  のうち、古印体を除く5書体は中国で生まれた書体ですが、唯一古印体
は日本で生まれた書体です。
文字(漢字)そのものはもちろん中国で作られたものですが、大宝律令で印章制度が定められてから
日本でも印章が作られるようになり、土中に埋もれていた印や、鋳型に十分に銅が行き渡らない不十分な作風を
江戸時代に「風情」ととらえ、大和古印体という書体として発展させたものです。
一見丸ゴシック体の様ではありますが、交差するところには墨溜まりを、筆勢を出すところには切れを入れるのが特徴です。
(マール社 古印体字典 井上淡斎様著 を参考にさせていただきました)

手彫り印鑑 印相体
堂々たる大きさの印です。
手彫り印鑑 印相体
次にこちらは隷書体です。
印文(印鑑の文字)も時代を感じさせますね。
読みやすい書体ですので、新しい書体と思われるかも知れませんが、篆書体の次に古い書体です。


印相体 手彫り印鑑
こちらも堂々たる大きな印鑑です。
印相体 手彫り印鑑
こちらは篆書体ですが、二文字+一文字になっているのはおわかりでしょうか。
左右の文字数(行の文字数)が異なる場合、違和感が生じる事が一番の問題ですが、基本的に篆書体(印篆)
はバランスを調整できる書体で彫るのが一番です。
それでも大きな印で二文字+一文字では違和感が生じてしまう事が多いのですが、この印は違和感を生じさせない
素晴らしいものです。
上の中央が上に向かって伸びているので、印相体?と思われるかも知れませんが、一文字ずつ見ていただければ
印相体ではない事はおわかりいただけるかと思います。

2018-07-22 11:05:06

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5