正規輸入象牙販売店


当店は野生動物の種の保存に関する法律に基づく特定国際種事業届出事業所です。

Topics

古くからの伝統的な印章(印鑑)、当店の方針、古い印章資料(主に印影)や商品等を中心にご案内致します

店主のブログ

手彫り印鑑 はんこの印善




住所:東京都墨田区本所2-15-2
家庭の事情により現在店舗営業は平日朝9時頃~9時50分頃までとなっております。

ご来店いただける場合は、事前にご連絡いただければお時間を打ち合わせの上、土曜日に対応させていただきます。
電話03-3623-3655
日中は03-3831-2771(支店)
までお願い致します。
ご不便をお掛けして申し訳ございません。

印章の知識

開運印鑑の基礎知識
手彫り印鑑
印相体(吉相体)について

 

携帯ページ

HOME»  手彫り印鑑Topics»  手彫り印鑑Topics»  朱白文相間印

朱白文相間印

朱白文相間印

明治時代の印譜より
朱白文相間印 印相体
この印譜は明治時代の印章店の実際の注文印影が押された印譜ですが、文字と作風を印章店向けに
作成した見本帳の様な精巧に手彫りされた印鑑の記録です。
今回はこちらを紹介させていただきます。

朱白文相間印 印相体
白抜きの印の中に丸く彫られて、白抜きではない文字が1文字彫られています。
印章用語で白抜きの印は白文(はくぶん)、文字が朱で押される部分は朱文(しゅぶん)と呼ばれてます。
この白文と朱文が一つの印の中に混ざって存在する作風を朱白文相間印(しゅはくぶんそうかんいん)と
呼びます。
写真の印影は外枠も付いている精巧なもので、白文印の中に円をくり抜いた作風にしてあります。
これは円の大きさをよく考えないと、白文の文字と大きさの違和感が生じてしまいますので、きちんと大きさを
計算してくり抜いたもので、その観点も素晴らしいものがあります。

朱白文相間印 印相体
圧巻なのは印のサイズです。
印の直径は8ミリ弱で、驚くのは文字の線の太さ(細さ)です。

朱白文相間印 印相体
印影が半分隠れてしまいますが、定規を印影に載せて撮影した方が、文字の線が驚きの太さ(細さ)
である事がおわかりいただけますよね。


 

2018-03-21 23:38:27

手彫り印鑑Topics