正規輸入象牙販売店


当店は野生動物の種の保存に関する法律に基づく特定国際種事業届出事業所です。

Topics

古くからの伝統的な印章(印鑑)、当店の方針、古い印章資料(主に印影)や商品等を中心にご案内致します

店主のブログ

手彫り印鑑 はんこの印善




住所:東京都墨田区本所2-15-2
家庭の事情により現在店舗営業は平日朝9時頃~9時50分頃までとなっております。

ご来店いただける場合は、事前にご連絡いただければお時間を打ち合わせの上、土曜日に対応させていただきます。
電話03-3623-3655
日中は03-3831-2771(支店)
までお願い致します。
ご不便をお掛けして申し訳ございません。

印章の知識

開運印鑑の基礎知識
手彫り印鑑
印相体(吉相体)について

 

携帯ページ

HOME»  手彫り印鑑Topics»  手彫り印鑑Topics»  明治時代の手彫り印鑑 印譜より

明治時代の手彫り印鑑 印譜より

明治時代の手彫り印鑑 印譜より

明治時代の印譜(印影帳)からの紹介です
当サイトや私が書いている外部ブログで頻繁に明治時代や江戸時代の印影を紹介させていただいておりますが、古い印影を紹介する理由は
ありふれた言葉ではありますが「古き良き時代」の印影は今と異なり
①バラエティーに富んでいた 
②全てが手彫りだったので優秀な技術者が彫ったものである為
③印相体が創られる前は正しい作風の印鑑だった
これらの事から古い資料を公開させていただいております。


印相体 手彫り印鑑
はんこが好きな私にとって、古い印譜はただ眺めているだけで楽しめるものです。
手彫り印鑑 印相体
御朱印のような大きさですが、どの様な目的で作られたのでしょうか。
堂々とした太枠に、思い切った空間を開けた作風で、彫られている文字は古印体です。
今ではこんな作風の印鑑はまずありませんね。

手彫り印鑑 印相体
こちらも今は数少ない作風です。
左は屋号が彫られたもので、太細の緩急が付いたもので、右側は折り畳みの多い細印篆(いんてん)で枠を中輪(太枠)にした
こちらも緩急を付けた素晴らしい作風となっております。

手彫り印鑑 印相体
最後は角に彫られた役職印ですね。
書体は隷書体です。

2018-01-29 17:38:20

手彫り印鑑Topics