正規輸入象牙販売店


当店は野生動物の種の保存に関する法律に基づく特定国際種事業届出事業所です。

Topics

古くからの伝統的な印章(印鑑)、当店の方針、古い印章資料(主に印影)や商品等を中心にご案内致します

店主のブログ

手彫り印鑑 はんこの印善




住所:東京都墨田区本所2-15-2
家庭の事情により現在店舗営業は平日朝9時頃~9時50分頃までとなっております。

ご来店いただける場合は、事前にご連絡いただければお時間を打ち合わせの上、土曜日に対応させていただきます。
電話03-3623-3655
日中は03-3831-2771(支店)
までお願い致します。
ご不便をお掛けして申し訳ございません。

印章の知識

開運印鑑の基礎知識
手彫り印鑑
印相体(吉相体)について

 

携帯ページ

HOME»  手彫り印鑑Topics»  手彫り印鑑Topics»  柳葉篆と印篆

柳葉篆と印篆

柳葉篆と印篆

明治時代の印譜からの紹介です。

手彫り印鑑と印相体



手彫り印鑑と印相体

ちょっと見慣れない作風かも知れませんが、大篆風または柳葉篆、または笹文字と呼ばれる

篆書体です。

柳や笹という事でおわかりだと思いますが、篆書体の端部が窄まっているのが特徴です。

小篆(しょうてん)や印篆(いんてん)より前の大篆を模した作風で、古い時代の篆書体を意識した

作風となっております。


手彫り印鑑と印相体

一方、こちらは明治時代に多く見られた折り畳みの多い印篆です。

文字と細輪(細枠)の二重枠の調和がとれた美しい印鑑です。

印文は「正一」さんですが、画数こそ少ないものの上下左右に広がる「正」と、上下の幅が極端に

少ない「一」とが違和感なく字配りされています。

これは「正」の字に斜め線を用いず折り畳みした事によりますが、見事な字配りです。

今では二重枠の印鑑は少ないですが、こうして見てみると美しいと思いませんか。

宣伝で恐縮ですが、当店では朱白文相間印などを除き、ほぼ全ての印鑑で二重枠は可能です。

ご注文ページは完備しておりませんが、二重枠をご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

2017-11-13 18:21:06

手彫り印鑑Topics